スタッフブログ

 

アンプ内臓DSP 施工車両のご紹介

2022年01月13日


新規ユーザー様からのお問い合せ内容No1は


アンプ内臓DSPのお問い合せになります!


純正オーディオを活かしたオーディオグレードアップを


検討されるユーザー様が多い証拠ですね。


純正オーディオの出力チャンネルなどでチョイス出来る


DSPメーカーは変わりますのでお気軽にお問い合せ下さい!





今年に入りアンプ内臓DSPの施工しました


車両をご紹介させて頂きます。


まずはトヨタ シエンタHV


以前にスピーカー交換 ドア制振極み は施工済みで


この度はデジタル入力(OPT)を持つ


PLUG&PLAY1080+コマンダーの施工になります!







18.9:350:263:0:0:IMG0442:right:1:1::0:







20.1:350:263:0:0:IMG0450:right:1:1::0:







15.9:350:263:0:0:IMG0444:right:1:1::0:






運転席シート下にアンプ内臓DSPを設置し


純正カーナビをアナログ入力をして


DAPをデジタル入力させて頂きました。







続いてはBMW 8クーペになります。


アンプ内臓DSPはHELIXを入れさせて頂き


同時にスピーカー交換も施工させて頂きました。







18.8:350:263:0:0:IMG0435:right:1:1::0:








17.9:350:263:0:0:IMG0437:right:1:1::0:


アンプ内臓DSPはトランクトリム内に設置です。









15.3:350:263:0:0:IMG0439:right:1:1::0:


スピーカーはBEWITH製 リファレンスAMになります。





こういった施工は全てオーナー様の望む音に


仕上げる為のVerUpになりますので


こんな感じの音にしたなど


漠然とした感じでもお答えしますので


お気軽にお問い合せ下さい。










































posted STADIUM | 日 記

 
 

バックナンバー

カテゴリー