スタッフブログ

 

年末・年始のお知らせ。

2009年12月23日

年末年始のお知らせです。



年末は12月28日(月)まで営業



年始は1月6日(水)からの営業となります。



よろしくお願い申し上げます。

posted STADIUM | 日 記

 
 

モレル ドアエンクロージャー完成!

2009年12月18日



ETCの持込み取付から


エンクロージャー設計まで何でもこなすスタジアムですが





今回ドアインナーから


スタジアムオリジナルエンクロージャー(バスレフ型)


にグレードアップしました!




車は、ボルボV70




31.1:450:338:350:263:a13:center:0:0::0:




スピーカーユニットはモレル ハイブリットオベーションを


エンクロージャー化に・・・


容量は5.24リッターを確保し


オリジナルポートチューニングにより


EQをフラット状態での音質を追い込み成功しました!!





26.2:450:338:350:263:DSC05575:center:0:0::0:





ノーマルのドアです。




さぁここから、エンクロージャー職人マネージャー(久米)の登場です!



レベル1 テーマ(エンクロージャーの設計をせよ)



容量確保する為に、ドアとの長い戦いが始まります。


作っていく工程は、企業秘密なでカット。





20.9:450:338:350:263:DSC05603:center:0:0::0:






ジャ~~ン



5.24リッターエンクロージャーが完成!!(パチパチ拍手)




さぁここから



レベル2 テーマ(エンクロを内張りに合体せよ)




20.8:450:338:350:263:DSC05619:center:0:0::0:



内張りとエンクロが見事合体成功!!


さぁいよいよ最終



レベル3 テーマ(化粧パネルを作成せよ)



内張りにパテをモリモリ・・・


ひたすら削って形を作って行き


レザーを張って完成です(パチパチパチ拍手)





今回、スピーカー周りの化粧パネルの素材に


オーナー様の意向でアルミヘアラインを採用。


見た目もスタイリッシュに仕上がっています!





19.5:450:338:350:263:DSC05621:center:0:0::0:






13.5:450:338:350:263:DSC05622:center:0:0::0:





エンクロージャー化にすることにより


スピーカーが本来持っているポテンシャルを最大限に発揮し


ドア内の内部損失、付帯音などといった


音質の妨げとなる物を全て排除し


限りなく、スピーカーから放つ音波だけを鼓膜に伝えるというのが


エンクロージャー化にするポイントになります。


各メーカーさんの13cmスピーカー16cmスピーカー問わず


エンクロージャー化にすることが可能なので


お気軽にお問い合わせ下さい。








次のエンクロージャー化にするのは

ダイアトーンSA-1が待っています!!






posted STADIUM | 日 記

 
 

アルパイン ドアエンクロージャー完成!

2009年12月14日


皆さん、こんにちは。

ここ数日すこしぐずついたお天気でしたが

今日の大阪は快晴!!

お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか!?






この仕事をしていると「人の動き」を肌で感じることがあります。

活気がある日と、そうでない日。

活気がある時間と、そうでない時間。

それらがとても明確に感じられるのです。





給料日の翌日やボーナスの翌日、月初、など「明確な理由」

があってお店が混み合うのは分かるのですが、

何の前触れもなく突然堰を切ったように

忙しくなることが度々あります。

お客様が申し合わせでもしているかのように、

お店が満員になり、なぜか電話もジャンジャンかかるのです。




なぜこんなお話から始めたか?




それは、言い訳のためなのです。

営業時間中お客様が平均的に分散して

頂いた時は大丈夫なのですが、

スタジアムの接客スタッフは限られていますので、

どうしても混雑時にはお客様をお待たせしたり、

お電話が繋がりにくいなどのご迷惑をお掛けしてしまいます。

できる限りの努力はしておりますが、

そんな時は何卒ご容赦のほどお願い申し上げます。









お話は、変わりタイトルにもありますが

アルパイン製スピーカーをドアエンクロージャー化にし

限りなくホームオーディオに近づいたと確信しております!





17.5:450:338:350:263:DSC05615:center:0:0::0:





エンクロージャー容量は6.1リッターを確保。

ポートチューニングをすることにより

狙った音色を思いどうりに操ることが可能です!





22.6:450:338:350:263:DSC05616:center:0:0::0:





ヘッドユニットはダイアトーンPX-1

さぁここから、デジタル調整に入ります。






今週は今年最後の最大の取付ピークなので
一台一台を確実に取付を頑張ります。











posted STADIUM | 日 記

 
 

新作スキャンスピーク

2009年12月04日



皆様スキャンスピークというスピーカーメーカーはご存知でしょうか!?

メイドイン・デンマークでスピーカーユニットのOEMメーカーになります。

カーオーディオでも良く使われています!

代表的なのは、アルパインF#1ステータス

スキャンスピークを基にアルパインが改良しF#1として発売されいます。

ホームオーディオで代表的なのが、

ソナス・ファベール  YGアコースティックスなどといった

超ハイエンドスピーカーに使われるぐらい

クオリティーの高いユニットになります。




スキャンスピークは1970年創立。

最新の技術を駆使しコストより性能と品質にこだわり続ける

世界のエンジニアが認めたハイエンドスピーカーメーカーです。




音質の方はというと

音の粒子が周囲に飛び散る様な感覚を受けます。

そのくせ全音域は非常にバランス良くまとまっていて、

量感溢れる低域からどこまでも澄み切った高域まで

絶妙なコントラストを描いています。

まさに上質な音のシャワーを浴びているような音質です。





26.8:450:338:350:263:DSC05561:center:0:0::0:





23.9:450:338:350:263:DSC05562:center:0:0::0:




新作ルミネーターシリーズ。




16.3:450:338:350:263:DSC05564:center:0:0::0:




18.9:450:338:350:263:DSC05566:center:0:0::0:




ツィーターの振動版がリングツィーターから

ベリリュウムに変更。

相変わらず大きい反射盤はアルミ製です。




近々、デモカーにエンクロージャーで取付予定です。

乞うご期待。









納車をご紹介していきます!




30:450:338:350:263:aaaaaa3:center:0:0::0:




BMW M3 常連様 K氏




15.6:450:338:350:263:arumi1:center:0:0::0:




24.5:450:338:350:263:arumi3:center:0:0::0:




カースタオリジナル アルミニュウムエンクロージャーが搭載。




26.8:450:338:350:263:DSC05503:center:0:0::0:




13.2:450:338:350:263:DSC05506:center:0:0::0:




スピーカーはBEWITH最高峰 Bianco Fuji




25.8:450:338:350:263:DSC05508:center:0:0::0:




トランクにはDIATONE 




最高峰D/Aコンバーターをインストール。




21.9:450:338:350:263:DSC05510:center:0:0::0:














posted STADIUM | 日 記

 
 

ダイアトーンを聴くの掲載!

2009年11月30日


本日発売のカーオーディオ雑誌

カーオーディオマガジンに連載されて

ダイアトーンを聴くというコーナーを皆様ご存知でしょうか!?

記念すべく第10回ダイアトーンを聴くに

スタジアムのお客様が紹介されました(パチパチ)。




35.4:450:338:350:263:DSC05545:center:0:0::0:




ど派手な表紙。




34:450:338:350:263:DSC05546:center:0:0::0:





184ページを開くとしっかり紹介されています!




37.1:450:338:350:263:DSC05547:center:0:0::0:




35.7:450:338:350:263:DSC05550:center:0:0::0:




皆様、見て下さいね!!

















posted STADIUM | 日 記

 
 

バックナンバー

カテゴリー